MonoValleyUtopia / Cloud of Unknowing

Artist : Ou Ning

Architect : Thomas Tsang / Kazuhisa Matsuda (DEHOW PROJECTS)

Location : Taipei Fine Art Museum( 台北市立美術館)

When designing a structure, I tend to think about scale and unique condition of the project that plays important role.

 

Designing exhibition space

Exhibition space already has walls, floors and ceilings (including existing beams and ceiling slab). Moreover, it can be said that the idea of being able to utilize existing walls and ceilings is the same concept of being able to utilize surrounding houses/buildings in larger architectural scale. If you think it just like that, you’ll realize how unique this project is.

 

Existing walls

As long as the existing wall bears lateral loads, when it comes to building a structure of a new object or a space, the structure does not need any load bearing system.

 

Existing ceiling

Being able to use existing ceiling means that since it would be suspended from above, it is possible to construct a structure without considering its compressive forces. This means that within the exhibition space, even seismic/gravitational forces can be neglected anywhere in the world. For this project, existing ceiling wasn’t used so only lateral force was ignored.

 

The section of structural members

In Japan, 105X105 timber structural members are generally used for beams. However, I had an instinct for knowing 105X105 member would not work with this odd project condition. This might’ve been because, as it has been said previously, the site condition was unique and the project was temporary. The idea was to use 30mm base thickness timber member and after agreeing upon section dimensions, a ‘skeleton’ column was composed by four 30X30 vertical elements and 30X60 horizontal beam element which created a joint. One of the reasons that lead to this joint design was that it was an initial idea that it would be better to conceal the joints where the high-quality fabrication was not secured. Moreover, using smaller timber members enabled us to kill two birds with one stone.

Structurally, four 30X30 vertical elements fulfills section area of a 60X60 column but separated. For 30X60 beam, it runs between 2 30X30 horizontal elements and this continuous beam plays important role in its displacement and stress, where at the same time prevents buckling within column elements. Thus, I found some possibilities in unique column structure and it would be interesting to play around with different scales as well.   

 

 

Yasuhiro Kaneda, yasuhirokaneda STRUCTURE Director  

© DEHOW PROJECTS

© DEHOW PROJECTS

© DEHOW PROJECTS

© DEHOW PROJECTS

© DEHOW PROJECTS

MonoValleyUtopia / Cloud of Unknowing
 

Designing Structure

 

構造を考えるときに、まず始めにそのプロジェクトのスケールや設計条件となる環境について考えるようにしている。

 

 展示空間のデザインについて

展示スペースには、既に、壁があり、床があり、天井(既存の梁やスラブを含む)が与えられているという条件。

特に、既存の壁や天井を頼って、そこに何か物体を作って良い環境というのは、建築スケールで考えると、隣の家に寄りかかっても良いということと同様であり、それは特別な設計条件と捉えることができる。

 

 既存の壁の存在

新しく作るオブジェクトなり必要空間を構成する構造体は、既存の壁に水平荷重を流せる前提であれば、その構造体自体に水平力に抵抗する要素を必要としないことを意味する。

 

 既存の天井の存在

上部から何かで吊り上げることで、内部空間をつくることができるとすると、そこ(与えられた展示スペース)にあるはずの重力はどこかにいってしまうことになる。

 

これらの条件は、この展示スペースの中では、地震力を無視でき、時には重力すら無視できる場合があることを意味する。物理的な外力のことだけで言えば、どこの国でも同等に扱える設計環境といえるだろう。

(当然、その国の資材を使い、技術を使う時点で発生する地域性というのは必ず帯びてくるものであるのだが)

もっとも、このプロジェクトでは天井を使用しなかったので、水平力のみキャンセルできる環境といえる。

 

これらの条件を踏まえ、構造部材について

一般的に、日本の標準の在来の木造の柱梁は、105角またはそのモデュールで梁サイズが決定され使用されている。

しかし、このプロジェクトにそのモデュールを持ち込むべきではなく、他の何かが必要だと感じた。

それは、上記にある特別と捉えられるような条件に加え、期間限定の恒久的でないものであるからであった。

提案としては、30mmというモデュールにより、部材断面を決定し、それらを組み合わせていくことで全体を構成していき、4本の垂直材30x30と水平材は30x60の2種類を組み合わせることで、ひとつのジョイントをつくる。

この方法に行き着いたもう一つの理由は、重なる部分がシンプルなもので、そもそも連結部分がなるべく隠れる関係を前提にした方がうまくいくのではないかと考えたからだ。

それは、台湾での、職人技術などが把握できていなかったこともあり、そもそも精度に頼るような方法でないものを模索した。

これはスケールの話と同様に大切なものだと考え、同時に解決できる方法を考えた結果でもある。

構造的には、柱は30x30であるが4本組み、60角の柱が断面積をキープしながら分解されたイメージ、梁は、それらの隙間を貫通するように、連続梁となり合理的であると同時に、30x30という細い柱の座屈止めとしても働くという計画である。

柱の形式としては、可能性があると思っており、建築のプロジェクトとして「スケール」を変えてやってみたいと思っている。

 

金田 泰裕