A Certain Point of View

Magazine: Journal of Architecture and Building Science (JABS)

Press: Architectural Institute of Japan

Be Distant

yasuhirokaneda STRUCTURE is based in Hong Kong, however, 70% of the projects are running in Japan and others in Europe, Asia and South America. People question why I'm based in Hong Kong and to be honest, I’m actually not too fond to work in Hong Kong but the fact of being distant from the physical location of the project is what I think is important. I guess this work style is only possible when working as a structural engineer. Being able to work from distance, all of the factors such as culture, language, national standard, economic state, constructing technology would have less influence on the design and I believe this approach will create something deviant.

Having to work outside Japan, I get to work more with foreign architects. Not only am I able to work on projects in Japan from distance but because I am not based in let's say Japan, I can be part of all ranges of projects in both Japan and other foreign countries. Every project is unique and by having this approach, I got to realize distinctive characters that projects have even within Japan. In conclusion, I believe creative ideas come from being physically distant from projects and that is how I am working as a structural engineer/designer.

 

Clear Approach is Needed

When it comes to designing, being committed to the project plays the most important role for the client, the contractor, the team and lastly myself.  The more attention devoted to a design, the more potential there is for it to improve and satisfy everyone. That is why I think it is important for the structural engineers to collaborate with the architects and question designs from a different angle. By question here I mean to analyze the design and give an opinion about it by referencing specialist knowledge. The discussion with the architects would break down the approach in details and allow us to organize the project design. The discussion may completely change the design or may stay as original, however, this process is important to deconstruct to make a solid creative design. For instance, this would accelerate the designing process of the structural members and other details.

Danger of Norm

With the rapidly evolving modern world, trends and styles are what people are mostly curious about and that's what they would like to categorize into, however, I try to challenge this. My approach is simple yet important to always question the standard and not to just aim for the ‘right’ solution. Nothing can be fascinating yet boring as a renowned ‘right’ solution. Innovation/creation I believe is more complex, avand-garde and eccentric that would attract people without a fame. But at the same time, I try not to accept all of the creative ideas which sometimes can be structurally pointless. The real value of the design I believe is subtle and complex since the world itself is simply complex.

The Way I Work

What is obvious is that structural engineers unconsciously are able to give comments from different perspective since they work with different architects at the same time. It is also true that architects are relying on critical comments from the structural engineers to improve their designs.

 

From my experience, the most effective way to be objective is to be distant from the physical location. My enthusiasm in looking at detailed structure as a structural engineer is a driving factor as well.

There are structures to every single object and to understand a detailed structure of a certain object, it needs to be observed thoroughly from both inside and outside. Similarly, that is why I am physically distant from the projects to approach ideas and that is how I work as a structural engineer.

Yasuhiro Kaneda / YKS Director

ある視点

雑誌 : 建築雑誌 

​出版社 : 日本建築学会

「対象」から距離を置く

現在、香港を拠点に活動しているが、進行中のプロジェクトのうち7割は日本のものであり、月に一度か二度、打ち合わせと現場監理のために日本に通っている。

香港であることは、さほど重要ではなく、構造設計者という立場を利用して、「対象」から距離を置き、言語や文化、外力、法規、施工技術、材料の流通、経済的背景の異なる場所で設計を行うことに意味があると思っている。

そのほかのプロジェクトは、ヨーロッパ、アジア、南米に点在しており、現地の建築家と、異なる条件のもと、こちらも遠隔で設計しているプロジェクトが多い。

このように、海外の建築家からも依頼をもらえるのは、日本から距離を取りながら設計活動をしていることが優位に働いていることは確かである。

また、大きく異なる与件を同時に扱うことで、日本国内の各地域の細かい差異にも敏感になれていると実感している。このように、「対象」から距離を置くことで、はっきり見えてくるモノがあり、これは私自身の構造設計者としての姿勢とも関係している。

─ 

建築として、十分な強度がないと前に進めない

私が、設計を進めていくうえで最も重要だと思っているのは、その計画に施主、施工者、スタッフ、そして、何より自分自身を動かすモチベーションがあるかどうかである。これは、構造的な強度以前の問題で、その計画のコアとなる部分に納得できるまでは、どうしても電卓を叩く気にはなれない。

そのため、建築家にとっての他者である私が、プロジェクトに対して批評的な態度をとることが重要であると考えている。ここで言う批評とは、計画を価値づけ、文脈づけ、分析し、解釈を与えることである。目の前にある計画を建築家と一緒に鳥瞰しながら、議論により分解していき、整頓するプロセスを行っていく。その結果、まったく別の計画に化けることもあるし、一周してもとの案がベストだということもあるが、そのプロセスを一度一緒に踏んだという事実が、前に進むうえで大きな自信となる。また、このような強度ある計画の核を持つことは、次のフェーズにおける構造システムや意匠のディテールの判断を容易にしてくれるのは明らかである。

時代性を帯びることを回避できないか

根底には、流行や世代でくくられることに対して冷め切っていたい、という思いがある。シェアされた「正解」に向かっていくのではなく、常に批評的な態度を取り、既存の考えや「定石」を疑いながら設計を進めていくことが重要だと思っている。シェアできる「正解」ほどファッショナブルで、陳腐なものはない。発明や発見は、もっと険しく、もっとエッジの利いたところにあるものだと信じている。形態として尖っているのではなく、概念としてハッとさせられる感覚を忘れたくない。無駄にアクロバティックなものや、理由のないただ細いだけの柱を要求されたときには特に注意している。本当の緊張感は、もっと静かで、すぐには理解できないものだったりするからである。なぜなら、この世界はシンプルに複雑であるからだ。

─ 

「構造」の設計について

構造設計者は、職業柄、同時に多くの建築家と仕事をしているため、計画に対するこうした客観的な姿勢は、無意識だとしても、持っているはずである。また、多くの建築家は、その関係を自らの思考整理のために機能させているのも事実である。

私は、こうした既存の状況のなかで、その客観性なり批評性の精度をいかに高められるかについて考えた結果、現在のような態度を取ることにした。

そして、ここでつけ加えておきたいことは、私自身が物事の「構造」を見ることに強い関心と興味を持っているということである。すべてのモノは「構造」を持っており、その「構造」を見るためには、仮想の器を用意し、そこに「対象」を入れて外からぐるっと観察することと、内部へと侵入して詳細を注視することを同時に行う必要がある。まさに、私がやろうとしている「構造」の設計とはそういうことであり、現在取っている「対象」との距離も、それゆえに必要なのである。

 

金田泰裕 / YKS Director