Pyramid in Kamiiida

Architect : DOG

Location : Sendai Miyagi JAPAN

‘Core’ is the focal point for Pyramid in Kamiida. The central volume is composed by living room, dining room, bedroom and roof top terrace. Both the core purpose of the house and the structural core are centrally located. In most cases, the structural core would be located based upon locations of stairs, lifts and other hidden spaces which usually are left at the side. Thus, the usable spaces would be limited, and other function rooms would be scattered around this structural core. However, for this project, all of the core is located in the center which prioritizes the core spaces and the core of the house is physically located in the center.

 

In addition, the circulation space is set around the ‘core’ and roof top terrace is located at the end of this space where it serves a phenomenal view.

 

Yasuhiro Kaneda / YKS Director

©DOG  photo(C) Ippei Shinzawa

©DOG  photo(C) Ippei Shinzawa

©DOG  photo(C) Ippei Shinzawa

©DOG  photo(C) Ippei Shinzawa

©DOG  photo(C) Ippei Shinzawa

©DOG  photo(C) Ippei Shinzawa

©DOG  photo(C) Ippei Shinzawa

©DOG  photo(C) Ippei Shinzawa

上飯田のピラミッド

建築家 : DOG

場所 : 宮城県仙台市

構造について

ピラミッドの中央部に位置するヴォリュームは、リビング、ダイニング、寝室、屋上テラスにより構成されており、形態的にも、意味的にもこの建築の中心に位置しており、構造的にもコアとして作用する。

このプロジェクトにおいて、コアの意味は拡張されている。一般的に、構造コアは階段室やEV、収納など、隠蔽されるスペースや機能によって構成されているのに対し、この「上飯田のピラミッド」では、コアは積極的に拡張され(形態、サイズ、意味的に)、主機能により構成されることで、事実上、上記で述べたような端に追いやられ、閉じられた結果できたスペースが、構造に利用されるような設計プロセスは存在しない。

すでにコアが建物の中央を貫いて、存在し、それがなんの迷いもなく、あらゆる意味でコアとして説明できるのである。

そして、動線は、螺旋状にそのコアの外側に沿って配置され、上昇していった終着点である屋上テラスからは、素晴らしい眺めを獲得することができる。これが、この建築の構造である。

 

金田泰裕 / YKS Director